【比較】タイトリストのボールはどれがいい?比べてみた結果…

タイトリストのゴルフボール

タイトリストといえば、ゴルフクラブから関連グッズに至るまで、幅広く取り扱うメーカーとして知られます。
中でも代表的な製品として知られているのがボールで、質の高さや使い勝手の良さが評価されています。

気になるのは製品ごとの違いですが、比較を行ってみると差やそれぞれの特徴が分かってきます。

PROV1Xは4ピースタイプのゴルフボールで、分類的にはスピン系に分けられています。
複数メーカーの人気ランキングにおいても、同社の競合製品の中でも、特に人気が高いのがこのPROV1Xです。

選ばれている理由は、他を圧倒する驚異的な伸びを見せる飛距離で、初めて使う人は驚きのあまりに感嘆するほどです。
価格は約5千円と中価格帯ですが、気持ちの良いボールの軌道を味わうことができます。
推奨ヘッドスピードは秒速40mで厳しい条件はありませんから、飛距離重視でタイトリストを選びたい人におすすめです。

一方でPROV1は、PROV1Xよりやや硬めではありますが、それでも柔らかさを感じさせる独特の打感に魅力があります。
3ピースタイプのスピン系ですが、ヘッドスピードは秒速35mで済むので、微妙なコントロールがしやすいといえるでしょう。

アマチュアであっても、飛距離を楽しむことができますから、こちらもタイトリストの中で狙い目の一品となり得ます。
2製品のみで比較しても、それぞれが明らかに異なる製品だと分かりますが、品質と伸びの気持ち良さは共通しています。

どちらもPROの名前から想像できるように、プロ選手の使用に耐え得るように設計された製品です。
マスターズでは圧倒的な使用率を誇りますし、トップメーカーとして2位に圧倒的な差を付けているので、今最も注目を集めるメーカーです。

本来の性能を引き出そうとすると、打力や技術が問われますが、ボールの期待に応えるとボールもまたプレーヤーに反応してくれます。
タイトリストの設計と対象者を考慮するなら、中級以上の経験と実力を持つ人に最適となります。

それだけ高度な設計が行われているので、初心者が打っても思ったように飛ばないことがあります。
では、タイトリストはアマチュア向きではないのかと問われれば、決してそんなことはないと答えられます。

タイトリストのPrestigeは、柔らかい打感と心地良い止まりやすさを併せ持ちます。
何時ものボールをこれに変えるだけでも、比較してみると飛距離が伸びる実感が得られますし、頭に描いたのに近い軌道で飛ぶので、ゴルフの楽しさがアップします。
所有する喜びや美しい仕上がりも楽しめますから、スコアの向上を目指す本気のゴルフプレーヤーに最適です。

VG3はドライバーショットの伸びと、安定した軌道を併せ持っている絶妙な一品です。
低スピンでアイアンショットの飛距離を伸ばす性質を持ち、比較的オールラウンドで使えるのがメリットです。

打感の柔らかさは共通点なので、既に同社の製品を使用している人なら、違和感なく受け入れられるはずです。

打った瞬間には弾力が感じられますし、弾むように飛んでいく気持ち良さがあるので、とにかく飛ばしたい時に活躍するでしょう。

このように、同一メーカーの製品同士で比較した結果、飛距離のアップや軌道の安定性にソフトな打感など、メーカーに共通する特徴や個性が見えてきました。
ヘッドスピードに自信があるならば、腕が結果に反映されるプロも使っているPROV1系が狙い目です。

PROV1Xは、ヘッドスピードが遅いと飛距離に直結しますから、あまりヘッドスピードが出せないならPROV1一択です。
VG3はディスタンス系でPROV1系とは異なるものの、低価格な上に幅広いヘッドスピードをカバーする懐の深さがあります。

いずれも完成度の高い良い製品ばかりですから、打ち比べて好みに合う一品を見付けるのがポイントです。

▼おすすめゴルフスクール
ライザップゴルフ南越谷店がOPEN!
ゴルフ力診断とカウンセリングが3,000円です。(しかも入会しなくてもOK!w)
スイングの癖を見てもらって自分が直すべきところややるべき練習をアドバイスしてもらえます。
ゴルフボール選びももちろん大事ですが、スイングの癖や練習方法など知るとさらにスコアアップが出来るのでおすすめです。