タイトリストのpro-V1とpro-V1Xの違いを簡単に解説!

タイトリストのpro-V1、pro-V1Xと言えば多くのプロ御用達の世界のトップボールの1つです。数あるボールの中でも比較的長い歴史を持ち、多くのファンを抱えています。改良を重ねて確実に進化を遂げているのも人気を支える理由です。

pro-V1とpro-V1Xには同じシリーズでも違いがあります。

pro-V1は打感がとても柔らかく、スピンコントロールがしやすい設計になっています。飛距離よりもどちらかと言うとコントロール重視なプレーヤー向きです。弾道は中弾道が特徴的で、風に負けない強い球が打てます。

一方のpro-V1Xは少し飛距離の方に比重を置いています。飛びを重視する人はこちらを選ぶ傾向が強いです。弾道は高く、それでいて安定しています。

アイアンショットにも違いがあります。打感のソフトなpro-V1はグリーンの上でのコントロール性能にも優れているのが特徴です。キャリー通りでボールを止めたい人に向いていると言えます。

pro-V1Xは前者と比較するとやや硬めではありますが、それでも打感は柔らかい部類に入ります。
ショートゲームではこの傾向がより強くなります。
どちらも耐久性に優れ、トータルパフォーマンスはとても高いボールです。打感や飛距離性能のバランスで、どちらを選ぶかが違ってきます。