飛距離が伸びるゴルフボールはスピン系かディスタンス系どっち?

飛距離をもっと伸ばしたいとお悩みのゴルファーの方は少なくないかと思いますが、ゴルフボールを変えることでその悩みは改善される場合があります。

では具体的にどのような選び方をすれば良いのでしょうか。それには複数の要因が関係してきます。

まずはヘッドスピードです。
簡単に言うとヘッドスピードが速い人は重いボール、遅い人は軽いボールを選ぶと良いでしょう。

その他に重要なポイントとしてスピンとディスタンスのどちらの系統のボールを選ぶかという点です。

ここでは自分のスイングがスライス系なのかフック系なのかという事を考慮する必要があります。
一般的にスライス系のスイングはボールのスピンが多くなります。そのような人がスピン系のボールを選ぶとスピンが過剰になってしまい前に進む力が減り、距離が伸びにくいという症状に陥りやすくなります。

逆にフック系のスイングではボールのスピンが少なくなるので、ディスタンス系のものを選ぶと風の抵抗を多く受けてしまい、ボールが早く落下してしまいます。

このようなことからスライス系のゴルファーにはディスタンス系のボールが、フック系のゴルファーにはスピン系のボールが適しているという結論に至ります。